Visual C# イロハのイ 01 Hello World

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

C#始めました。

今回はお決まりの、Hello Worldと、
コンソールアプリケーションでの文字列入出力、
コマンドライン引数についてです。

Hello World

using System;
namespace HelloWorld
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{
			Console.WriteLine("Hello World!!");
		}
	}
}

usingディレクティブ

・指定した名前空間内では型修飾が不要となる。
・using System;を省略する場合は、以下のように完全修飾が必要となる。

 System.Console.WriteLine(“Hello World!!”);

System.Console.WriteLine

/*	以下はConsole.WriteLine("Hello World!!");と同じ	*/
Console.Write("Hello World!!n");
/*	@をつけるとエスケープ文字は無視される(nという文字を出力する)	*/
Console.Write(@"Hello World!!n");
/*	書式設定は以下の通り	*/
Console.Write("{0} {1}n","Hello", "World!!");	/*	Hello World!!と出力される		*/
Console.Write("{0,10}n", "Hello");	/*	幅10文字で左寄せ(左5文字がスペースで埋まる)	*/
Console.Write("{0,-10}n","Hello");	/*	幅10文字で右寄せ(右5文字がスペースで埋まる)	*/
Console.Write("{0:D}n",255);	/*	10進数で表示					*/
Console.Write("{0:D4}n",255);	/*	10進数で表示(4桁)				*/
Console.Write("{0:X8}n",255);	/*	16進数で表示(8桁、大文字)		*/
Console.Write("{0:e5}n",255);	/*	指数で表示(小数部5桁、小文字)	*/

/*	その他いろいろな書式指定あり(略									*/

System.Console.ReadLine

string data = Console.ReadLine();	/*	1行分の入力を取得	*/
Console.WriteLine("入力 = {0}", data);	/*	表示			*/

System.Console.ReadKey

int code;
ConsoleKeyInfo kinfo;		/*	ConsoleKeyInfoデータ型				*/
kinfo = Console.ReadKey();	/*	キー情報の取得						*/
/*	ReadKey(true)とすると押した文字がコンソール画面に表示されない	*/
code  = kinfo.KeyChar;		/*	キー情報からUnicode文字を取得		*/
Console.WriteLine("文字コード(Unicode) = {0:x}", code);	/*	表示	*/

System.Console.Read

int code;
while(true)
{
	code = Console.Read();	/*	1文字分の文字コードを取得			*/
	/*	注:Enterキーが押下されるまでRead()は抜けない				*/
	if(code == 0x0d){
		/*	Enterキーならばループを抜ける	*/
		break;
	} else {
		/*	Enterキーでなければ1文字表示	*/
		Console.WriteLine("文字コード(Unicode) = {0:x}, code);
	}
}

実行結果

————————————————-
Loftくん
文字コード(Unicode) = 4c
文字コード(Unicode) = 6f
文字コード(Unicode) = 66
文字コード(Unicode) = 74
文字コード(Unicode) = 304f
文字コード(Unicode) = 3093
続行するには何かキーを押してください . . .
————————————————-

コマンドライン引数の取得

コマンドライン引数はMain関数の引数(string型の配列args)に格納される。
引数の個数はargs.Lengthで取得できる。

int n = args.Length;
for (int i=0; i < n; i++)
{
	Console.WriteLine("args[{0}] = {1}", i, args[i]);
}

次回はC#独自の構文について執筆する予定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です