ついまるに好きな言葉を喋らせてみた (VoiceTextアプリ作成)

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ついまる
ついまるは、タカラトミーから発売されている、Twitterのタイムラインを読み上げてくれるおもちゃです。音声合成エンジンとしてVoiceTextが採用されています。
 
今回は、ついまる(フォ郎)に好きな言葉を喋らせるアプリを作ってみました。
(VC++ Windows CUIアプリです。)
 



 
サンプルコードはgithubにあります。
 
なお、アプリの配布はおこなっておりません。試される方は私的利用の範囲を超えないよう注意しましょう。
あと、ついまるを買いましょう。
以下、「ついまる」 オンライン取り扱い説明書より引用

※VoiceTextは、Voiceware Co.,Ltd.の登録商標であり、VoiceTextの著作権は同社に帰属します。
無断複製等は、法律により禁止されています。この音声合成ソフトウェアは著作権法、関連諸法規、関連国際条約等で
認められた私的利用の範囲を超える複製、販売、出版、公衆送信等のための利用はできません。
また、これらの行為を第三者にさせることもできません。それ以外の目的で使用すると罰せられることがあります。

 
単に音声合成ソフトが欲しい方は、棒読みちゃん(フリーの音声合成ライブラリAquesTalk 同梱)など、フリーソフトが公開されていますのでそちらを利用しましょう。

どうしてもVoiceTextにこだわる方は、アプリを自作することになります。実装方法としては、音声合成処理はvt_jpn.dllにより行われていますので、このdllに実装されているAPIを呼び出すアプリケーションを実装することになります。
 
ついまる(フォ郎) 同梱のvt_jpn.dllを使用したところ、モヤモヤさまぁ~ず2 のナレーションでお馴染みショウ君の声で好きな言葉を読み上げさせることに成功しました。
ライセンスがない状態では、要ライセンスの旨もしゃべる状態です。
調べればライセンス準備方法が見つかりますが、あくまでも個人で試してみる程度に留めましょう。 
 
VoiceTextは個人用ライセンスは販売されていないですが、VOICEROIDのように、
個人向けライセンス販売されている音声合成エンジンも出てきていますので、VoiceTextにもそのような製品展開を検討してもらいたいものです。

続編として、Windowsメッセージ処理による再生終了検知と、棒読みちゃんと連携してニコニコ生放送のコメントを読み上げる方法について執筆するかもしれません。


One thought on “ついまるに好きな言葉を喋らせてみた (VoiceTextアプリ作成)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です