github 既存のリポジトリにファイルを追加する手順

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

githubで自分のコードを公開する手順というエントリにてgithubに新規リポジトリを作成・コードを公開する手順を紹介した。 
本記事は既存のリポジトリへのファイル追加手順を軽くメモしておく。ほぼ自分用の忘備録記事である。


例として 既存のリポジトリ https://github.com/loftkun/DataSourceTest にファイルを追加した時の手順。

clone


ローカルにリポジトリを複製する。

git clone https://github.com/loftkun/DataSourceTest.git
cd ./DataSourceTest/

ちなみにまだREADME.mdしかないリポジトリだったので、以下ファイル構成。
DataSourceTest
└ README.md

ローカルにファイル追加


リポジトリに追加したいファイルをまずはローカルに配置する。

ここでは、DataSourceTest.slnというファイルと、
DataSourceTestというフォルダを追加し、以下ファイル構成となった。

DataSourceTest
├ README.md
├ DataSourceTest.sln★追加
└─ DataSourceTest★追加
  └ もろもろのファイル
 

add commit push


githubのリポジトリに反映する。

git add ./DataSourceTest.sln
git add ./DataSourceTest
git commit
  viが起動するのでfirst commit等、コミットコメントを記述する
git push
  Username for 'https://github.com':        自分の場合はloftkun
  Password for 'https://loftkun@github.com':自分のパスワードを記入

 
以上で既存リポジトリにファイルが追加される。


2 thoughts on “github 既存のリポジトリにファイルを追加する手順

  1. 軽いやつ多いので -a でadd と -m のコンボよく使ってます
    $ git commit -am “stfuawsc”
    .gitconfig とか .bashrc で1-2字にエイリアス切って短くするとラクです
    $ g st (git status) => ステージング確認
    $ g wd (git diff –word-diff) => 単語単位でdiff; ‘-b’ もいいです
    $ g ci -am “omit GM_” (git add && git commit -v && message ) => ‘-v’ で diff 見ながら
    みたいな感じで、べんりですね。失敗しても rebase あるので
    $ git rebase -i SHA-1 (or HEAD^)
    で s(squash) とか r(reword) すればすぐ戻せます
    コミット割とこまめにして push 前に rebase でコミット圧縮 もつかうので、いいですよ

  2. >noromanbaさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    add commitが同時に指定できるのですね。
    diffは前回commitソースと見比べながらって感じですよね、便利そうです。
    情報頂き、大変助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です